読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

うお座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。

太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。

 

あけましておめでとうございます!

2017年、始まりましたね~。

今年も天体のロマンを追いかけたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

 

さて、新年一発目ですが星座シリーズ最終回です!w

今回ご紹介するのは「うお座」です。

 

f:id:okamotodokamoto:20170105160130j:plain

 

 

うお座魚座、Pisces)は黄道十二星座トレミーの48星座の1つです。

東と西に分かれた2匹の魚の尾が紐でしっかりと結ばれている形をしています。

うお座には3等星より明るい星がなく、夜空ではあまり目立ちません。

一番明るい恒星であるη(イータ)星でも4等星です。

 

うお座の神話

 

うお座の神話に登場するのは、美と愛の女神「アプローディーテー」です。

ある日、アプローディーテーはユーフラテス河のふもとを息子である「エロス」と共に散歩していました。

そこに、百個の頭を持つ巨大な魔獣「テューポン」が現れてます。

テューポンは天空の守護神「ウラノス」と地の女神「ガイア」を両親に持つ、ギリシャ神話における最大最強の怪物です。

 

アプローディーテーはエロスと共に魚に変身し、ユーフラテス河を泳ぎ命からがら逃げ出しました。

その時、息子と離れないように体を紐でしっかりと縛ったことから、うお座は2匹の魚がつながった形をしているといわれています。

 

そしてその姿が母と子の愛情の印として天空にあげられ、うお座になったそうです。

 

それにしてもギリシャ神話最大最強の怪物とは…一体どんなものなのでしょう。

神様でさえも恐れるんですからね!気になります。

 

 

さて、今回で星座シリーズは終了です。

次回からはトレミーの48星座シリーズを始めたいと思います!

トレミーの48星座とは2世紀の天文学者クラウディオス・プトレマイオスが作った星表を元にした星座です。

同じ星座でも黄道十二星座とは違い48星座ですからね。長いですよーw

聞き慣れない名前の星座もたくさん登場するので、楽しんで読んで頂けたらと思います。

 

太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした!