読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

こと座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。

太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。

 

さて今回は、北天に輝く小さな星座「こと座」についてです!

 

f:id:okamotodokamoto:20170130143403j:plain

 

こと座はトレミー48星座の1つです。

 

こと座のα星(ベガ)は有名で、北天21の1等星のひとつに数えられている明るい星です。

ベガとはくちょう座のデネブ、わし座のアルタイルの3つで『夏の大三角形』と呼ばれる大きな二等辺三角形をつくることで有名です。

ちなみに、ベガには惑星が存在するのではないかと言われています。

 

こと座は、ギリシャ神話に登場する吟遊詩人の「オルフェウス」が持っていた竪琴がモチーフとなっています。

 

オルフェウストラキア王のオイアグロスと音楽の女神カイオペとの間に生まれました。

彼の秀でた音楽の才能に感心した太陽神アポロンが、彼に竪琴を贈ったと言われています。

オルフェウスの奏でる竪琴の音色はすべての生き物に安らぎを与え、数々の争いを止めたそう。

 

オルフェウスには美しい妻のエウリディケがいましたが、ある日エウリディケが毒蛇に噛まれて死んでしまいます。

悲嘆に暮れるオルフェウス。彼は冥界に下り、エウリディケを連れて帰ると決心します。

彼は冥王ハーディスに会い、エウリディケを返してくれと頼みますが、いくらオルフェウスの願いでも死者をよみがえらせることは世界の秩序に反します。

一度はハーディスに断られたオルフェウスですが、諦めません。

彼が竪琴を弾くと、ハーディスの妻であるペルセポネがその音色に感動し、オルフェウスに妻を返してやるようハーディスを説得してくれました。

ハーディスは説得を受け入れ、オルフェウスにエウリディケを返すことを承諾します。

しかし1つだけ条件を出しました。

『冥界から地上に出るまでに、絶対に後ろを振り向いてはならない』と。

言いつけを守りエウリディケの手をひき歩くオルフェウスですが、あと少しで地上というところで疑心暗鬼から後ろを振り返ってしまいます。

約束を破ったことでエウリディケは冥界に引き戻されてしまいました。

 

それ以降、オルフェウスは悲しみのあまり大好きだった竪琴も弾かなくなってしまいます。

美男子だったオルフェウスに求婚する女性はたくさんいたのですが、それもすべてうわの空。

とうとうオルフェウスは、無視され続けて怒った女性たちに殺され、首と竪琴を川に捨てられてしまいました。

 

不憫に思ったゼウスがオルフェウスの竪琴を空へあげ、それがこと座になったと言われています。

 

形からは想像もつかないような、悲しい話ですね。

唯一の救いは、殺されたオルフェウスが冥界で最愛の妻エウリディケを暮らせたことでしょうか。

 

次回は、「はくちょう座」について書いていきます!

太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした。