読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

しし座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。

太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。

 

本日ご紹介するのは、ヘラクレスにやられちまったネメアーの獅子「しし座」です。

f:id:okamotodokamoto:20161202155214j:plain

 

しし座(獅子座、Leo)は、黄道十二星座1つ。トレミーの48星座の1つで、M65、M66といった明るい銀河がたくさんあることでも有名です。

モデルとなっているのはギリシャ神話の英雄ヘラクレスに退治された、同じくギリシャ神話のライオンであるネメアーの獅子です。

 

◾️しし座の神話

12の冒険を行うことになったギリシャ神話の英雄ヘラクレスの最初の冒険は、ネメアーの谷の化け物ライオン(ネメアーの獅子)の退治でした。ヘラクレスは最初弓を使いましたが強靭な皮により全く利かず、棍棒で叩いたのちにライオンの首を絞めて殺したといわれています。

 

この様子を見ていた女神ヘーラは、ヘラクレス相手によく戦ったと、この化け物ライオンを星座にしました。女神ヘーラはヘラクレスを憎んでいたのです。こうして、しし座が誕生しました。

 

次回は、古代メソポタミアの二つの星座が由来となる「おとめ座」です。

 

太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした。