読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

ぎょしゃ座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。


太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。


本日ご紹介するのは、α星に冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つ「カペラ」を頂く「ぎょしゃ座」です。

f:id:okamotodokamoto:20170223182126j:plain

α星:カペラ (Capella) は、ぎょしゃ座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ。この星は、神話のヤギ、アマルテイアに関係しているとか。


日本の車メーカー「マツダ」の車種に同名の車がありましたが(現在は生産終了)、あの名称はこの星からつけられました。発売当時の1970年代、時代のスターになるようにとの思いから命名したのだそうです。


さてこのぎょしゃ座、山羊を抱いたおじいさんの星座です。御者(馬車の運転手)なのにねえ。馬じゃなく山羊……。


神話にも複数の伝承があるらしく、この御者がギリシャ神話の鍛冶神ヘーパイストスと女神アテーナーの息子であるアテナイ王エリクトニオス(4頭立ての戦車を発明)とするものだとか、ヘルメースの息子ミュルティロス(ピサの王オイノマオスの馭者)であるとか、アテナイ王テーセウスの息子ヒッポリュトス(戦車から落ちて死亡)だとか……。
とりあえずどれもこれも戦車とか馬車とか車関係なのは確かですw


なお、おじいさんが抱いているこの山羊ですが、ゼウスに関係しているそうです。
ゼウスの父クロノスは「子にその権力を奪われる」という予言のために、ゼウスのほかの兄弟達を生まれてすぐに飲み込んでしまいます。しかしゼウスだけは母レアの機転で難を逃れ、クロノスの目を避け洞窟に隠され育てられたのです。その時、幼少時のゼウスに乳を与えて育てた山羊がこのアマルテイアであるとされています。


しかし、やはりおじいさんとの関係はハッキリしませんw
なんでセットなのでしょうね~。気になる。


次回は某天文学者が「12星座は誤りで本当は13星座が正しい。コレも入れろ!」と言ったことで伝統的な12星座占いに大衝撃を与えた「へびつかい座」。


アルゴー船に乗船していた医師アスクレーピオスのことだとされていますが、なぜ彼が星座になったのか、そしてそこに絡んでいたのが、さっきご紹介した「戦車から落ちて死亡したヒッポリュトス」だったとか……。詳しくは次回!


太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした。