読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

おひつじ座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。

太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。

 

さて本日ご紹介するのは十二星座のトップバッター「おひつじ座」。
今回からしばらく星座シリーズが続きますよ!

f:id:okamotodokamoto:20161110142814j:plain


おひつじ座(牡羊座、Aries)は、黄道十二星座の1つ。日本では秋から冬にかけて見られ、クリスマスの頃、午後8時に南中します。アンドロメダ座の南東(左下)にあり、2000年ほど前には、春分の日の太陽はこの星座と同じ位置にありました(現在では西どなりのうお座)。


赤く見える一番明るい星(アルファ星、アラビアではハマル〈羊の頭〉と呼ぶ)が2等星という目立たない小さな星座で、アルファ星を中心に、「へ」の字をさかさまにしたような形で3等星と4等星が並びます。


星の並びを見つけるのは難しくありませんが、それから羊の姿を連想するのはほとんど不可能です。アルファ星の距離は80光年、表面温度は約4,000℃と観測されています。

 

■おひつじ座の神話

アテナイの北方ポエオチア地方の王子プリクソスとその妹ヘレは、継母イーノに憎まれていました。

イーノの策略で生贄にされて殺されそうになったとき、兄妹の実母ネペレは大神ゼウスに助けを求めました。ゼウスは息子のヘルメスに命令して、金色の毛をもつ雄羊を兄妹のもとにつかわします。

雄羊の背に兄妹がまたがると、雄羊は空高く舞い上がり、ギリシャから海峡を越え、遠くコーカサスの山に近いコルキスの国を目指して飛び続けました。途中アジアに入ろうとしたそのとき、妹のヘレがめまいをおこし、海に転落。しかし、兄は無事コルキスに着き、そこの国王に手厚く迎えられました。

プリクソスは神のお告げどおり、祭壇にその雄羊をささげ、その金色の毛皮はコルキスの神殿に飾られて、一睡もしない1匹の龍に守られることになったといいます。この雄羊が空にあげられたのが、おひつじ座です。


現代の観点からすると、助けてくれた雄羊を神様に捧げてしまう(つまり生贄にする)なんて恩知らずな行為に見えますが、古代において、神の遣わした獣は生贄として神に返す風習だったのです。

なお、この羊の皮を手に入れるための冒険がアルゴー号(アルゴ座)の冒険、アルゴナウタイ神話です。

 

星座シリーズ、いかがでしょうか。次回は散開星団プレアデス星団とヒアデス星団を含む見つけやすい星座「おうし座」です。

 

太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした。