読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

できたらいいな、星間旅行!!

太陽社長の岡本大助さんがきっかけで宇宙や惑星に興味を持ちました!

ケフェウス座

ようこそ、天体ブログ「できたらいいな、星間旅行!!」へ。

太陽社長の岡本大助さんに触発されて惑星や天体に興味をもった管理人の天蛙(あまがえる)です!宇宙や惑星のことをご紹介して、仮想の星間旅行をして頂ければと思います。

 

さて今回ご紹介するのは、北天の星座である「ケフェウス座」です。

 

f:id:okamotodokamoto:20170116150511j:plain

 

ケフェウス座は紀元前6世紀頃にはその存在を知られていた、歴史の長い星座です。古代ギリシア時代の文献の中にも、ケフェウス座に関する記述があるのだとか。

 

五角形が印象的な星座で、ちょうど足首あたりにあるα星が二等星、β星やγ星が三等星なこと以外は全体的に暗めな恒星が多いのが特徴です。

ちなみに、両足の間にあるμ座は「ガーネット・スター」と呼ばれる赤色超巨星です。「超巨星」という名の通り、直径が太陽の数百倍ないし千倍以上あるそうです。明るさは太陽の数千倍にもおよび、赤く光る美しい星として知られています。

 

ケフェウス座のモデルとなったのは、古代エチオピア王国の王様ケフェウスです。そのまんまですねw

当時のエチオピア王国は今でいう中東地域を指します。イスラエルやヨルダン、エジプトを含まれていたそうなので、相当大きな王国だったようです。

ケフェウスには美しい妃カシオペアと、その美貌を受け継いだ娘のアンドロメダがいました。

このカシオペアとアンドロメダもトレミーの48星座に入っています。

ケフェウス座の神話にはカシオペアにアンドロメダ、さらにはギリシア神話の勇者ペルセウスも登場するのですが、その神話においてケフェウスは本当に影が薄く、どうせその話を書くなら後に紹介するペルセウスやアンドロメダの回で紹介した方が良い気がするので(本当に頼りないお父ちゃんなんです…)エチオピア王族の話はそれまで取っておこうと思います!

あまりに影が薄いので、一部では妻のカシオペアや娘のアンドロメダに比べて全体的に恒星がぱっとしないよね、なんて言われる始末…頑張れ、お父さん!!

 

さて次回は牛飼い座についてご紹介します!

 

太陽社長の岡本大助さんに影響された天蛙でした!